Knitting a beanie for myself using my own hair

自分のために、自分の髪の毛で毛糸の帽子を編む

Puno, Peru / Yokohama, Japan, April 2014

3 pictures of the alpaca and documentary video

After finishing the project ‘Knitting the woolen jumper for the sheep I sheared’ I started to grow my hair out with the idea of knitting a beanie from the spun hair. While in Peru for the project ‘Weaving a scarf for the Alpaca I Sheared using its own wool’ I discovered that a spinner, recommended to me by local people, might be able to spin human hair though it is reputedly difficult to do. So after two years of growing, without cutting, I shaved my head while in Peru and with the help of the spinner made one ball of wool. Later, when I visited my mother in Japan I asked her to help me knit the beanie - this was my first artistic collaboration with my mother.

「毛を刈った羊のために、その羊の羊毛でセーターを編む」を実現した後、毛糸の帽子を編むのに十分な量の髪の毛を得るために、2年程、髪の毛を切らずに伸ばした。「毛を刈ったアルパカのために、そのアルパカの毛でマフラーを織る」のためのペルーの旅行中、人の毛を紡ぐのは容易でないという評判とは裏腹に、地元のアルパカ業者がペルーの毛紬技術は高いので、おそらく人の毛でも紡げるのではと教えてくれた。そうして、ペルーで頭を丸めることにした。ペルーの毛紬職人の手助けにより、1玉の髪の毛のよる毛糸玉ができた。日本に帰国した際、母親に手伝ってもらい、自分のために自分の髪の毛でできた人毛の帽子を編んでもらった。これがアーティストになってから最初の母親とのコラボレーション・プロジェクトである。

Contact detail :

Shiro MASUYAMA

Flax Art Studios
Havelock House, Ormeau Road
Belfast, BT7 1EB, Northern Ireland, UK

shiromasuyama@me.com

© 2020 Shiro MASUYAMA

All Rights Reserved

Artist 北アイルランド