Shinjuku Kabukicho Project

新宿歌舞伎町プロジェクト

Shinjuku Kabukicho Park (新宿歌舞伎町公園), Tokyo, Japan

April, 2004

Interactive installation with Electric sign board, Video camera and LCD monitor

Shinjuku Kabuki-cho is a mecca for the sex industry in Tokyo.  Mauyama situated this work for two days in Shinjuku Kabuki-cho Park, which is a small park in the middle of a sex industry area where porn shops and those serving the sex business gather. Shinjuku Kabukicho Project is a work that imitates a typical electric sign box for porn peeping rooms, that are commonly seen in the Kabukicho sex industry, with flashy catch-phrases to draw the attention of passers by.  When people look through the peep-hole of the sign box, timidly expecting something erotic, they find a very embarrassing video image of themselves peeping. They see a monitor that shows them shot in real time by three hidden video cameras. The tree different shots of them are projected one by one by an automatic selector. They would realize that their positions are reversed from peeping to being viewed. During two days of installation, this electrical sign box attracted people from all walks of life – from children, homeless people, business men to sex industry workers - like a light trap drawing moths. According to the video that documented the installation of April 2004, 66 people actually peeped the box, apart from those who belong to the art world.  In the marketing of Japanese sex industry, it is a cliché to use indirect phrases that remind us of sex.  Masuyama applied such indirectness by using the phrases like “No limit for watching embarrassing poses!” or “Safe! Free!”  Japanese tend to create their sex fantasies from such indirect expressions rather than direct ones.

 

新宿歌舞伎町は東京の性風俗産業のメッカである。その中でもとりわけ性風俗店ひしめく環境に位置する小さな公園、新宿区立歌舞伎町公園にサイトスペシフィックなインスタレーションを二日間設置した。その作品は日本の風俗店の一業種であるのぞき部屋の典型的な電飾看板を模したもので、いかにもあるようなキャッチ−なコピーとともに光り輝き、人々の注意を引くのである。鼻の下を伸ばして、看板の穴をのぞいてみれば、そこにはまさに、恥ずかしいことを想像して穴をのぞいてしまった自分の「恥ずかしい姿」が映っているのである。中に見えるのはモニターに映るのは、3台の隠しビデオカメラによって撮影されたリアルタイムの自分の姿の映像なのだ。自分の顔の映像も伴った三種類の映像は自動セレクターにより、数秒刻みで切りかわる仕組みとなっている。人々は「のぞく」つもりが「のぞかれている」という立場の逆転関係に気づくのである。2日間にわたる設置の結果、子供から大人まで、ホームレス、サラリーマン、風俗関係者まで、年齢も職業も多種多様な人々が、まるで誘蛾灯に集まる蛾のように、この電飾看板に引き寄せられた。記録ビデオによると、作品を見に来た美術関係者は省き、延べ66人がのぞいているのが観測された。この作品には日本の風俗産業特有のコンテクストも反影している。こういった産業全般のマーケティングの常套手段として性を連想する間接表現のテキスト多用する傾向がある。今回の電食看板には「恥ずかしい姿 見放題!」「安心!、無料!」というテキストが使用されている。我々日本人は、こういった間接的表現から、直接的なものよりもさらに強い性的イメージを抱いてしまうのである。

Photo 1,2 : Masaya Yoshimura

Contact detail :

Shiro MASUYAMA

Flax Art Studios
Havelock House, Ormeau Road
Belfast, BT7 1EB, Northern Ireland, UK

shiromasuyama@me.com

© 2020 Shiro MASUYAMA

All Rights Reserved

Artist 北アイルランド