Shangri-La

Tainan, Taiwan, October 2013

Stickers

In Taiwan, electrical boxes located in city streets are often decorated with paintings of idyllic landscapes – Utopian scenes. Considering how the production of electrical power actually affects the environment visually and physically, the paintings seem to be a manipulation of reality. I imagine they might even be created for the purposes of propaganda. Taiwan relies on nuclear energy for 17.1% of its electrical production (2012). I visited the Nuclear Power plant in Maanshan, the third to be built in Taiwan, to make a painting of the Nuclear Reactors imitating the painting style of the idyllic landscape images. From this I produced 500 stickers which I stuck on electrical box paintings throughout the city of Tainan. Through this simple intervention, the meaning of the paintings has been completely inverted.

 

台湾では路上にある電気設備の箱にユートピアのような美しい風景画が描かれている。電気を作り出すことで環境にどういう影響を及ぼすかを考えると、これらの絵は現実のごまかしに思えるし、こういった絵はプロパガンダの目的のために造られているのではと想像できるのである。2012年の時点で台湾は電気の17.1%を原子力に依存している。馬鞍山にある第三原子力発電所に向けて旅をした。電気設備箱の絵のタッチを真似して、原子力発電所の絵を描き、その絵をもとに500枚のステッカーを印刷した。それで、台南の町のそこら中にある電気設備箱の美しい景色の絵を背景にして、発電所の絵を貼っていった。この箱にステッカーを貼るという単純な行為によって、絵の意味が、全く正反対のものになったわけである。

Photo : Area Park

Contact detail :

Shiro MASUYAMA

Flax Art Studios
Havelock House, Ormeau Road
Belfast, BT7 1EB, Northern Ireland, UK

shiromasuyama@me.com

© 2020 Shiro MASUYAMA

All Rights Reserved

Artist 北アイルランド