MADE IN JAPAN

Fukushima, Japan, December 2011

Fukushima Sand, Cement, Water, Wood

After the disaster in Japan on 11th March 2011 I wanted to develop work exposing the invisible presence of nuclear poisoning in my country. I drove towards the nuclear plants in Fukushima, along the way measuring the level of radiation. I came across a children’s playground and decided to use this area as a site to make a work.  Wearing a protective suit I mixed the sand from the playground (which produced a high level reading for radiation) with cement and water and then poured the mixture into a pre-made wooden box, acting as a mould to make concrete blocks.  The resulting blocks were cast with words ‘Made in Japan’ embedded in them. The rationale in using cement as a material was a commentary and a mirror on how Chernobyl used concrete to prevent radioactive material from spreading; concrete walls encased the reactor.  This intervention was a reflection on how I felt about the despair within my country and the effects of radiation on people, especially children.

 

2011年の震災後、母国での目に見えない放射能汚染を作品のテーマにしようと考えた。放射能の汚染レベルを測定しながら、福島第一原発方面に車を走らせたのである。そして、途中偶然見つけた児童公園を作品の制作場所とした。防護服を着て子供の遊ぶ砂場から高い放射線レベルの砂を採取し、水とセメントを混ぜモルタルをつくった。それをあらかじめ用意しておいた木製型枠に流し込み、コンクリート・ブロックを成形した。完成したコンクリート・ブロックには「MADE IN JAPAN」という文字が入っているのである。コンクリートを素材として利用したのは、チェルノブイリが放射能物質の拡散を防ぐためにコンクリートを使うからであり、チェルノブイリ原発は最終的にコンクリートの壁で覆われ石棺化されているのだ。本作品には原発事故後、衰えつつある母国のこと、放射能からとりわけ影響を受けやすい子供たちのような弱い立場について思案したことが反映されている。

Contact detail :

Shiro MASUYAMA

Flax Art Studios
Havelock House, Ormeau Road
Belfast, BT7 1EB, Northern Ireland, UK

shiromasuyama@me.com

© 2020 Shiro MASUYAMA

All Rights Reserved

Artist 北アイルランド