Identity T-shirts Project

1. MES 56, Yogyakarta, Indonesia, February 2018

2.Taromak Tribe, Taitung, Taiwan, July 2018

3. Exhibition staffs, National Museum of Prehistory, Taitung, Taiwan, July 2018

4. Artists and staffs, Artists’ Retreat No-mu, Kyoto, Japan, 2019

5. Grumpy Green Biddies, Kerry, Ireland, September, 2019

Photograph and T-shirts

When I see T-shirts with text in the shops, I always find hard to find T-shirts that express my identity. In this workshop we will make T-shirts with appropriate text which represents the identity of all participants. After T-shirt making we will take group photos together. All participants will get T-shirts for free after participating the workshop.

I’m originally from Japan. Since I settled in Belfast in 2010, I‘ve been always more conscious about my different identity as a minority of Japanese in the society of Northern Ireland. I wonder how other people think about their own identity. Clothes are just one way that people affirm their identity. Traditionally they have made assertions which are sometimes limiting, or incorrect, about age, gender and class, but can more subtly indicate our mood, preferences and self-esteem. Sometimes they literally tell stories through slogans. These are usually mass-produced and impersonal by big corporations which don’t allow the wearer (or consumer) to self-identify and tell their own story. I am interested in the stories that communities tell through their choices of clothing, and in the slogans that individuals would select to describe themselves or an aspect of themselves. I have worked for a number of years with community participants and clothing in a number of ways across different countries.

 

文字の入ったTシャツをお店で見つけると、自分のアイデンティティに合うTシャツをつ探すのがいつも大変だと感じている。このワークショップでは、参加者全員のアイデンティティに合った文字の入ったTシャツを作る。Tシャツ作成後、全員でTシャツを着て集合写真を撮影した。プロジェクト参加者全員には展示終了後Tシャツが無料進呈された。

自分は日本人だが、2010年にベルファストを拠点としはじめてから、北アイルランド社会での周りと違うマイノリティのアイデンティティを常に意識している。他の人たちは自らのアイデンティティについてどう考えているのだろうと思った。服は人々のアイデンティティを主張するものである。伝統的にはしばしば服が、年齢、性別、階級を限定したりもした。一方、服は我々の気分や好みや見栄を示すものでもある。時には服に書かれたスローガンの文を通して、ストーリーを語るのである。それらの文の多くは、着る人(消費者)自らのアイデンティとは関係のない、大きな会社によって大量生産されたものである。私は地域コミュニティの中で人々が選択する、それぞれの個人的なストーリーの集合を通して、それぞれのコミュニティが伝えることについて関心がある。ここ数年間、違う国のいくつかのコミュニティのワークショップ参加者とともに、プロジェクトを実現してきた。

Photo 1, 2 : MES56 / Photo 2,3  : Shang Lin Wu / Photo 4 : Takuya Yamaguchi /

Photo 5,6 : Paul Moore

Contact detail :

Shiro MASUYAMA

Flax Art Studios
Havelock House, Ormeau Road
Belfast, BT7 1EB, Northern Ireland, UK

shiromasuyama@me.com

© 2020 Shiro MASUYAMA

All Rights Reserved

Artist 北アイルランド