The Heart Rocker

North Belfast, Belfast, Northern Ireland, May 2011

Installation with a big model of North Belfast, Mural banner and 2 video projections

From 2004 to 2010 I was based in Berlin. I re-located to Belfast, Northern Ireland in 2010. Belfast is the capital of Northern Ireland and has been the site of sectarian conflict for many years. Catholic and Protestant communities have fought against each other due to the historic territorial and religious divisions between Ireland and the United Kingdom. My current location is situated close to a political border, or what is known in Belfast as a “Peace Line” which divides the Catholic and Protestant areas. 

Recently, I was annoyed and angry to find dog shit in my front garden. This incident re-occurred repeatedly and led me to throw the offending shit into the street. I felt as if the dog was taking advantage of my personal space by entering through the gate without my permission. I felt invaded. After calming down a little, I realised that my actions corresponded to the aggression perpetuated by both sides of the conflict within the city. The enigma of the eternally present dog shit made me seriously consider whether I could develop a simple action to prevent its re-occurrence while also reflecting on my identity as a Japanese outsider.  There are mural paintings everywhere in Northern Ireland.  They present strong political messages from both Catholic and Protestant points of view. I decided to create a mural banner against the relentless dog shit attacks and I hung it on the wall of my house as my political message to the public of Belfast. I came to view the dog shits as metaphorical landmines; people step on them unexpectedly and Northern Ireland is a land that is scarred with bombs that sporadically induce fear. This led me to make a video which shows me disposing of the dog shit while wearing a forensic suit.

The film entitled ‘The Hurt Locker’*, which got the Best Film Award in the 2009 Academy Awards, is about the US military working for bomb disposal in Iraq.  When I googled the film title in Japanese, I found that most Japanese people misunderstand the title as The Heart Rocker as Japanese cannot pronounce or hear the difference between ‘L’ and ‘R’. 

My project pays homage to The Hurt Locker, as it reflects not on my identity as Japanese man, whose status and position within an English speaking community is deeply affected by my mispronunciation and by how I look. I feel that these factors have determined me as an ‘outsider’. 

* : ‘The Hurt Locker’ is directed by Kathryn Bigelow. The film got Best Director, Best Picture and Best Original Screenplay in 82nd Academy Awards

2004年から2010年までベルリンを拠点として、2010年に北アイルランドのベルファストに活動拠点を移した。ここベルファストは北アイルランドの首都としてカトリックとプロテスタントの宗教間、英国とアイルランドの領土問題をめぐり争いが絶えることのない地である。そんなベルファストでも歴史的に争いが頻発するアイルランド系の人々が住むカトリックエリアと英国系の人々が住むプロテスタントエリアの政治的境界線(ピース・ライン)ギリギリの地に住むようになって以来、いつも頭を悩ましていることがある。それは、どこかの犬が自分の家の敷地に勝手に入り、毎日糞を垂れていくことである。最初は自分の領土を侵害された気分になって憤慨し、家の前の通りに糞を投げていたが、よく考えてみればその行為自体攻撃的で、領土などの問題から紛争を巻き起こしているアイルランド人やイギリス人の行為となんら変わらないと気づいた。ベルファストでは町のそこら中に落ちている犬の糞は、対処すべきローカルな社会問題の1つとして深刻に考えられているが、犬の糞の処理という単純行為に、誰の目にも部外者(アウトサイダー)である日本人としての自分のアイデンティティを反映し、作品化できないものか考えてみた。そして、北アイルランドにはカトリック及びプロテスタント双方の立場での政治的なメッセージ性の強い壁画が多く存在するように、終わることのない犬の糞攻撃に反対する、自分の政治的主張としてのバナーを自宅の門壁に掲げた。また、町中に散在する犬の糞を間違えて踏むことを、爆弾テロが頻発するこの地で、地雷を踏んでしまうことの隠喩として捉え、爆弾処理班の防護服を着て犬の糞撤去活動を行う様子を映像化したのである。2009年にアメリカでアカデミー作品賞を受賞した「The Hurt Locker」*という在留米軍がイラクで地雷除去活動を行う映画があるが、ネットで同映画を検索してみると日本人が英語のLとRなどの発音を区別することが困難なように、多くの日本人がタイトルを「The Heart Rocker」と間違えている。

本作品は映画「The Hurt Locker」へのオマージュであると同時に、ネイティブ英語社会の中でいつまでたっても英語の発音が正確にできないうえに、その外からいつまでたっても地域社会でアウトサイダーとなってしまう日本人である自分のアイデンティの宿命も暗示している。

* : 「ハート・ロッカー」はキャスリン・ビグロー監督の映画。第82回アカデミー作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞受賞。

Mural painting  :  Kensuke Sato

Contact detail :

Shiro MASUYAMA

Flax Art Studios
Havelock House, Ormeau Road
Belfast, BT7 1EB, Northern Ireland, UK

shiromasuyama@me.com

© 2020 Shiro MASUYAMA

All Rights Reserved

Artist 北アイルランド